ボルタレン【錠】(チバガイギー)

  成分:ジクロフェナクナトリウム
  分類;解熱鎮痛消炎剤
  成分;フェニル酢酸系

  概説:腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる薬。

  作用:炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの
     症状をおさえます。熱を下げる作用もある。
     ただし、対症療法であるため、熱や痛みの原因
     そのものを治すことはできない。

     【薬理】炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)という
         物質の生合成を抑する。プロスタグランジン(PG)の合成酵素
         「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによる。

  特徴:この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ、
     いろいろな痛みに広く用いられている。熱やノドの痛みをともなうカゼにも使う。
     化学構造的には、アリール酢酸系に分類されます。この系統は効果が強い反面、
     副作用にも注意が必要。

  注意する人:鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけない。
        (アスピリン喘息の人)
        また子供のインフルエンザには原則的的に用いない。
        胃潰瘍など消化性潰瘍のある人も避ける。
        (特別な胃薬と併用して用いることがあります)
        そのほか、血液の病気、肝臓病、腎臓病、高血圧、
        心臓病、喘息、大腸炎、クローン病、インフルエンザなど
        においても病状により使用できない場合がある。
        副作用のでやすい子供や高齢の人も慎重に用います。 

  飲み合わせ・食べ合わせ
        市販薬も含め、他の薬との飲み合わせに注意が必要。
        キノロン系抗菌薬、抗凝血薬のワルファリン、
        気分安定薬のリチウム(リーマス)、
        抗リウマチ薬のメトトレキサート(リウマトレックス)
        さらに利尿薬や強心薬、免疫抑制薬など多くの薬と相互作用を
        起こす可能性がある。服用中の薬は忘れずに医師に報告。

  コメント:月に1度の女の子dayのとき、あたしは痛みが激しくて
       ひどいときは、脂汗と吐き気で布団の上でのたうちまわってます。
       このお薬はあまりおすすめじゃないんですが、あたしにとっては
       サイコーです。頭痛にもてきめんです。
       他の皆様にはロキソニンがいいかもしれませんね
inserted by FC2 system