エビリファイ(大塚製薬)

  成分:アリピプラゾール
  分類:神経系用剤(含む別用途)
  系統:非定型型抗精神病薬(DSS)

  概説:心の不調や不具合を調整し、気持ちを穏やかにする。
     心の病気の治療に使う。

  作用:心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を
     生じる病気。現実を正しく認識できなくなったり、
     思考や感情のコントロールが上手にできなくなる。
     幻聴や幻覚、妄想を生じることもある。
     このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善する。
     おもに、神経伝達物質のドーパミンとセロトニンをおさえる作用による。
     陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)と陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)
     の両方によい効果が期待できる。
          統合失調症は、120人に1人くらいかかる普通の病気。
     特別視することはない。きちんと治療を続ければ、普通の社会生活が送れる。

  特徴:新しいタイプの非定型型抗精神病薬(第3世代)
     ドパミン神経系を正常状態に安定化させます。
     ドパミン・システムスタビライザー(DSS:Dopamine System Stabilizer)とも呼ばれます。
     統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があります。
     また、従来の抗精神病薬に比べ、錐体外路症状(ふるえ、こわばり)や
     血中プロラクチン上昇、眠気、体重増加などの副作用が少ないと考えられています。
  飲み合わせ:糖尿病またはその既往歴のある人、あるいは糖尿病の家族歴
        高血糖、肥満などで糖尿病のリスクの高い人は、治療上の有益性を十分考慮のうえ
        処方の適否を慎重に判断しなければなりません。
        また、肝臓の悪い人、心臓病、低血圧、てんかん、高齢の人
        自分のいのちを絶ちたいという思いが強い人なども、慎重に適用する必要があります。
     
        ●飲み合わせの悪い薬:アドレナリン(ボスミン)
        ●飲み合わせに注意:安定剤、降圧薬、抗パーキンソン病薬(レボドパ製剤等)
                  抗コリン作用薬(鎮痙薬、三環系抗うつ薬等)
                  マクロライド系抗生物質(エリスロシン等)、アゾール系抗真菌薬(イトリゾール等)
                  抗てんかん薬(フェノバール、アレビアチン、テグレトール等)、リファンピシン(リマクタン等)
                  アルコールなど。 


  コメント:入眠時幻覚がひどいので処方されたお薬です。
       ですが、この薬は糖尿病患者には合わないみたいで(高血糖になった)
       リスパダールに戻りました(涙)
       リスパダールは太るからイヤなんだけどな。。。(o_ _)oバタッ 
inserted by FC2 system