エクア(ノバルテイス)

  成分:ビルダグリプチン
  分類:糖尿病用剤
  系統:DPP-4阻害剤

  概説:血糖を下げる薬。糖尿病の治療に使う

  薬理:食事をとると、インクレチン(GLP-1、GIP)という消化管ホルモンが分泌され、膵臓に対しインスリン分泌を促す。
     さらに、インクレチン(GLP-1)は膵臓からのグルカゴン分泌を低下させ、肝臓における糖の産生を抑制する。
     インクレチンはこのようにして血糖を下げるが、血糖依存的に作用するので、血糖値が低い場合には
     インスリンの分泌を促進せず必要以上に血糖を下げません。
     この薬の有効成分ビルダグリプチンは、インクレチンを分解する酵素DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)を選択的に阻害し
     活性型インクレチン濃度を上昇させる。
     結果的に、鈍っているインクレチンの働きを高め、血糖依存的な血糖低下作用をもたらすことになる。
     このような薬理作用から選択的DPP-4阻害薬と呼ばれている。

  特徴:国内2番目の選択的DPP-4阻害薬。
     スルホニルウレア系など従来からのインスリン分泌促進薬とは作用機序が違う。
     その作用は、DPP-4阻害作用に基づき、インクレチンを介するもの。
     血糖コントロールが改善されますので、HbA1cの低下にもつながる。

     単独ではやや弱いので、他の糖尿病治療薬と併用することがある。
     正式に承認されているのは、スルホニルウレア系薬剤との併用療法のみ。
     血糖に依存し比較的ゆるやかに作用するので、効きすぎによる低血糖を起こしにくい。
     また、食欲を増進することがなく体重増加をきたしにくいとされる。
     これらの特性から、新規発症者や高齢の人に向くようだ。
     また、肥満型にくわえ日本人に多い非肥満型の糖尿病にも有用と考えられている。

     肝障害を起こすことがあるため、定期的に肝機能検査をおこなう必要がある。
     もともと肝臓病のある人は慎重に用いるようにする。

     新しい薬なので、本当に合併症を予防できるのか、長生きにつながるのかなど
     長期的な予後改善効果については、まだよく分かっていない。
     長期服用時の有効性や安全性については、今後の課題といえるだろう。
  注意が必要なケース:インスリン注射が適用となる1型糖尿病や
            インスリン分泌能力が著しく低下している重い糖尿病には向かない。
            また、肝臓や腎臓の悪い人、あるいは高齢の人は低血糖症の発現に注意するなど
            慎重に用いる必要がある。
            特に、肝機能障害が著しい場合は、服用を控えなければならない。


  適さないケース:重い肝臓病、1型糖尿病、糖尿病性昏睡、ケトアシドーシス、重い外傷や感染症、手術前後など。

  注意が必要なケース:肝臓病、腎臓病、心臓病、脳下垂体機能不全、副腎機能不全、腸閉塞の既往、腹部手術を受けたことのある人
            栄養不良状態、衰弱状態、不規則な食事や食事摂取量の不足、アルコール摂取量の多い人
            他の血糖降下薬を飲んでいる人、激しい筋肉運動をおこなう場合など。

  食べ合わせ&飲み合わせ:他の血糖降下薬といっしょに飲むときは、低血糖症に注意が必要。
              特にSU薬(スルホニルウレア薬)と併用するさいは、その減量を考慮しなければならない。
              よく使われるSU薬には、オイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリールなどがある。
              他にも、血糖降下作用に影響する薬がたくさんある。使用中の薬は忘れず医師に報告しておきましょう。 


  ●血糖降下作用を強める薬の例:スルホニルウレア系薬やインスリン注射薬をはじめとする他の血糖降下薬、ある種の降圧薬(β遮断薬)など

  ●血糖降下作用を弱める薬の例:ステロイド薬(プレドニン等)、甲状腺ホルモン薬(チラーヂン等)など。

  *高血圧治療薬のACE阻害薬と併用した場合、ACE阻害薬による血管浮腫の副作用発現頻度が高かったとの報告がある。
 
  *アルコールは血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発する。できるだけ控えてる。飲酒を希望するのなら、医師とよく相談する事。

  
 【副作用】注意が必要なのは「低血糖」です。低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。
      おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。
      ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり
      さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。
      そのほかの重い副作用はまずありませんが、心筋梗塞の報告があるようです。
      頻度的にきわめてまれと思われますが、狭心症など、もともと心臓の悪い人は注意してください。

 【重い副作用】 めったにないですが、初期症状等に年の為に注意して下さい

          ●低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気
           目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)

          ●心筋梗塞..冷や汗、めまい、顔面蒼白、胸の違和感、締め付けられるような胸の痛み。

          ●肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

 【その他】肝機能値の異常・発疹・かゆみ・空腹感・便秘

  コメント:2015年1月、血糖コントロールが良くなってきたので、この薬が処方されました。
       
       2015年3月現在、下記のとおり

       ●朝食前→トレシーバ・セイブル・グルファスト
       ●朝食後→エクア
       ●昼食前→セイブル
       ●夕食前→セイブル・グルファスト
       ●夕食後→エクア 

       
inserted by FC2 system