ガスター(20mg)【錠】(アステラス)

  成分:ファモチジン
  分類;消化性胃潰瘍用剤/受容体拮抗剤
  成分;H2遮断薬

  概説:胃酸の分泌を抑える。胃炎や胃潰瘍の治療に使われる。

  作用:胃酸は、本来、胃腸に侵入してくる“ばい菌”を殺菌する大切な役目をしているが
     胃壁が弱っていると、胃粘膜を荒らし、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)の原因にもなる。
     この薬は、胃酸の分泌を強力に抑え、結果的に、胃炎や潰瘍の治りがよくなり、痛みも和らぐ。
     鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを防ぐのにも用いる。

  特徴:ヒスタミン受容体拮抗薬に分類される。
     一般的には、H2拮抗薬やH2ブロッカーと呼ばれ、この系統の開発により胃潰瘍の治癒率が大きく向上した。
     H2拮抗薬は、各科で広く用いられており、現在でも、消化性潰瘍の治療に第一選択される。
     作用時間が長いので、1日1回もしくは2回の服用で済む。


  効能:(効能A)胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)
          逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群

     (効能B)次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
          急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

  
  応用:医師の判断で別の病気に応用されることがある(膵炎、じん麻疹など)


  用法:(効能A)通常、成人はファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口服用する。
          また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口服用することもできる。
          なお、年齢・症状により適宜増減する。
          ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口服用に切りかえる

     (効能B)通常、成人はファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口服用する。
          また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口服用することもできる。なお、年齢・症状により適宜増減する

  検査:長期に続ける時は定期的に血液や肝機能の検査が必要

  備考:潰瘍の多くは、胃に住み着く「ピロリ菌」が原因
     ピロリ菌を除菌すれば、難治性の潰瘍でも、たいてい完治できる
     再発を繰り返す場合は、医師と相談のうえ除菌療法を試みるのもよい

  注意する人:腎臓の悪い人や、高齢の人は、薬の排泄が遅れがちになるので
        少量を用いるなど、服用量、服用間隔などに配慮が必要。
        また、薬でアレルギーを起こしたことのある人も慎重に用いること

         ●注意が必要なケース:腎臓病、肝臓病、心臓病、薬でアレルギーを起こしたことのある人、高齢者など。


  飲み合わせ・食べ合わせ
                 胃酸が少なくなる関係で、他の薬の吸収に影響する可能性があるので         服用中の薬は市販薬も含め、必ず医師に報告しておくこと   

  コメント:体調が悪い時は、ほんの少し食べただけですぐに胸焼け        もっと酷い時は、ほんの少しの水分補給だけでも胸焼け        あたしにとってこのお薬は、生きていく上で、欠かせないお薬です        ちなみに「ガスターD錠」は同じ成分ですが、口の中で溶けるようになっています(ラクタブ技術)        
inserted by FC2 system