ヒベルナ(田辺三菱)

  成分:ヒベンズ酸プロメタジン
  分類:抗ヒスタミン剤
  系統:フェノチアジン系

  概説:アレルギーを抑えるお薬。その他、震えや乗り物酔いにも適応する

  作用:抗ヒスタミン作用 → アレルギーの発症にはヒスタミンという
               体内物質が関与している。
               このお薬は、そのヒスタミンの受容体をブロックして
               アレルギー症状を止める。
               クシャミ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミなど
               アレルギー性の病気に有効。
               ただし、アレルギーの原因そのものを治すことはできない。
    
     抗パーキンソン作用 → 手のふるえやパーキンソ症状をおさえる。

     その他の作用 → 脳の神経をしずめる作用、吐き気を止める作用
             めまい(メニエル)をおさえる作用などがある

  特徴:フェノチアジン系の「抗ヒスタミン薬」
     抗ヒスタミン作用のほか、抗パーキンソン作用や
     鎮静作用などいろいろな作用がある。
     抗ヒスタミン薬としては、眠気や口の渇きなど副作用がでやすいのが欠点。

  診察時:持病やアレルギーのある人は医師に伝えておくこと。
      別に薬を飲んでいる場合は、その薬を医師に伝えること
  注意する人:緑内障のある人や、前立腺肥大症などで尿の出の悪い人には用いない。
        症状が悪化するおそれがあるため。
        また、肝臓の悪い人や体の弱っている人は
        副作用がでやすいので慎重に用いる。
        呼吸抑制のおそれがあるため、2歳未満の赤ちゃんへの投与は禁止。
        2歳以上の子供に対しては、限定的に慎重に用いなければならない。
  飲み合わせ:安定剤など脳の神経をしずめる薬と併用すると
        眠気の副作用がでやすくなる。
        一部の安定剤や抗うつ薬(三環系)、胃腸薬(鎮痙薬)との併用により
        口の渇きや排尿困難、便秘などの副作用がでやすくなる。
        降圧薬の作用を強める可能性がある。
        飲酒は控えること。めまいや眠気などの副作用がでやすくなる。
  効能:振せん麻痺、パーキンソニスム。
     麻酔前投薬、人工(薬物)冬眠。
     感冒等上気道炎に伴うくしゃみ、鼻汁、咳嗽、枯草熱、アレルギー性鼻炎。
     皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、薬疹、中毒疹)
     じん麻疹、血管運動性浮腫。
     動揺病。
 
  コメント:パニック発作時、不安発作時に頓服として
        レキソタン・ワイパックス・コントミンと一緒に飲んでます。
inserted by FC2 system