ジャヌビア(万有)
  成分:シタグリプチン
  分類:糖尿病用剤
  系統:DPP-4阻害剤
  

  概説:血糖値を下げるお薬。糖尿病の治療に用いる。

  特徴:国内初の選択的DPP-4阻害薬。
     SU薬など従来からのンスリン分泌促進薬とは作用機序が違う
     その作用は、インクレチンを介するものであり、
     血糖依存的な血糖低下効果を発揮する。
     血糖コントロールが改善されるので、HbA1Cの低下にもつながる
     血糖に依存し比較的ゆるやかに作用するので、効きすぎによる低血糖や
     体重増加が起こりにくいとされている。
     食事の影響を受けないので、1日1回いつでも服用可能

     日本人に多い非肥満型の糖尿病にも有用と考えられている。
     また、新規発症者や高齢の人にも向くよう。
     単独ではやや弱いので、SU薬など他の糖尿病治療薬と併用することもある

     新しい薬なので、合併症を本当に予防できるかなど
     長期的な予後改善効果については、まだよく分かっていない。
     長期服用時の有効性や安全性については、今後の課題といえる

  飲み合わせ:他の血糖降下薬と併用するときは、低血糖の発現に注意が必要。
        ほかにも、血糖降下作用に影響をおよぼす薬がたくさんある。
        使用中の薬は忘れず医師に報告しておきましょう。
        
        血糖降下作用を強める薬の例..
        他の血糖降下薬(SU薬、BG薬、インスリン抵抗性改剤)インスリン注射薬など)
        降圧薬(β遮断薬など)、フィブラート系高脂血症治療薬、ワルファリンなど。

        血糖降下作用を弱める薬の例..ステロイド薬、甲状腺ホルモン薬など

        アルコールは血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発する。
        できるだけ控えること。
        飲酒を希望するのなら、医師とよく相談すること。
  コメント:2009後半に血糖コントロールするため処方されました
       2012年7月、病院が変わったので、現在はこのお薬は服用していません
inserted by FC2 system