コントミン(田辺三菱)

  成分:クロルプリマジン
  分類:神経系用剤(含む別用途)
  系統:クロルプリマジン製剤

  概説:心の不調や不具合を調整するお薬。
     神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやかにする。
     心の病気のほか、いろいろな治療目的で使われる。

  働き1:気分を落ち着ける作用があるので、統合失調症のほか
      躁病や神経症などいろいろな精神症状の改善に使われる。
      寝つきをよくする作用もあるので、不眠に用いることもある。

  働き2:心の病気の一つ「統合失調症」は
      脳の情報伝達系に不調を生じる病気。
      現実を正しく認識できなくなったり
      思考や感情のコントロールが上手にできなくなる。
      幻聴や幻覚、妄想を生じることもある。
      このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善する。
      おもに、ドーパミンという神経伝達物質をおさえる作用による。
      とくに陽性症状(妄想、幻覚、幻聴、混乱、興奮)によく効くが
      陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)にも有効。
      統合失調症はめずらしくなく、100人に1人くらいかかる一般的な病気。
      特別視することはない。
      この薬をはじめ、よい薬がいろいろとある。
      薬物療法を中心に きちんと治療を続ければ、普通の社会生活が送れる。

  働き3:脳に働きかけて、吐き気や嘔吐を止める作用がある。
      吃逆(しゃっくり)の適応もある。


  薬理:脳のドーパミン2受容体を遮断することで
     ドーパミン神経の過剰な活動により発現する陽性症状をおさえる。
     抗ドパミン作用には、吐き気や嘔吐を止める効果もある。
     そのほか、脳内のセロトニンやノルアドレナリン系の神経をおさえる作用もある。

  特徴:フェノチアジン系(プロピル側鎖)の定型抗精神病薬。
     とくに、不安感や興奮状態をしずめる作用が高く、睡眠作用も強い。
     クロルプロマジンは、古くから使われている標準的な安定剤(メジャートランキライザー)

  診察時:持病やアレルギーのある人は医師に伝えておくこと。
      他の薬と相互作用を起こしやすい性質がありるので
      別に薬を飲んでいる場合は、必ず医師に伝えておくこと。
      副作用について、ご本人、できたらご家族も含め
      事前によく説明を受けておくこと。

  注意する人:高齢の人や体の弱っている人は、副作用がでやすいので慎重に用いる。
        心臓病、肝臓病、腎臓病、褐色細胞腫、動脈硬化症、てんかん
        重い呼吸器系の病気のある人も注意して用いる。

  飲み合わせ:他の安定剤など脳の神経をしずめる薬といっしょに飲むと
        作用が強くなりすぎたり、副作用が強まるおそれがある。
        逆に、パーキンソン病の薬では、お互いの作用が弱まる。
        降圧薬との併用では、めまいや立ちくらみが起こりやすくなる。
        また、ある種の吐き気止めとの併用により
        内分泌異常や手のふるえなどの副作用がでやすくなる。
        服用中の薬は、必ず医師に報告しておくこと

  飲み合わせの悪い薬..アドレナリン(ボスミン)

  飲み合わせに注意..他の安定剤、パーキンソン病の薬(レボドパ製剤など)
            吐き気止めの薬(ドンペリドン、メトクロプラミド)
            降圧薬、抗コリン作用のある薬(鎮痙薬、三環系抗うつ薬など)
            リチウム(リーマス)など
            アルコールといっしょに飲むと、眠気やふらつき
            立ちくらみなどの副作用がでやすくなる。
            飲酒はできるだけ控えること。 

  コメント:パニック発作時、不安発作時に頓服として        レキソタン・ワイパックス・ヒベルナと一緒に飲んでます。
inserted by FC2 system