メレリル(ノバルティス)

  成分:塩酸チオリタジン
  分類:神経系用剤(含む別用途)
  系統:フェノチアジン

  概説:心の不調や不具合を調整する。神経の高ぶりや不安感を鎮め
          気持ちを穏やかにする。
          いろいろな心の病に使用される。

  特徴:フェノチアジン系(ピペリジン側鎖)の定型抗精神薬。副作用が少ない。

  飲み合わせ:エピネフリン(ボスミン)、三環系抗うつ剤(トリプタノール、トフラニール等)
        SSRI(ルボックス、パキシル等)
        血圧薬のβ遮断薬(インデラル、カルビスケン等)は飲み合わせが悪い。

  コメント:精神科で、レスリンが全く効きませーんと言ったら、メレリルが処方されました。
       同時に処方されてたサイレース、他の薬と一緒に就寝前に飲んでました。
       メレリルとトリプタノールは飲み合わせが悪いからトリプタノールが消えたけど
       余ったトリプタノールと一緒に時間ずらして飲んでました。
       (そんな問題じゃないと思うが・・・)
              無くてもいけるじゃんって思ったから処方箋から消えました。
inserted by FC2 system