ネシーナ(武田)

  成分:アログリプチン
  分類:糖尿病用剤
  系統:DPP-4阻害剤 
  

  概説:血液中の糖分「血糖」は、膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されている。
     糖尿病は、このインスリンの量が不足したり働きが悪くなることで血糖値が上がってしまう病気である。
     そのまま放置すると、手足のしびれ(神経障害)、目の病気(網膜症)、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こす。
     この薬は、血糖を下げる血糖降下薬である。
     好ましい特性として、血糖値を適時、適度に下げる点があげられる。
     つまり、血糖値が高いときにインスリンを分泌させ、血糖をほどよく下げる。
     適応症は、2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)
     日々の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防につながる。
 
     食事をとると、インクレチン(GLP-1、GIP)という消化管ホルモンが分泌され、膵臓に対しインスリン分泌を促す。
     さらに、インクレチン(GLP-1)は膵臓からのグルカゴン分泌を低下させ、肝臓における糖の産生を抑制する。
     インクレチンはこのようにして血糖を下げるが、血糖依存的に作用するので
     血糖値が低い場合にはインスリンの分泌を促進せず必要以上に血糖を下げない。
     この薬の有効成分アログリプチンは、インクレチンを分解する酵素DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)を選択的に阻害し
     活性型インクレチン濃度を上昇させる。
     結果的に、鈍っているインクレチンの働きを高め、血糖依存的な血糖低下作用をもたらすことになる。
     このような薬理作用から選択的DPP-4阻害薬と呼ばれている。


  特徴:国内3番目の選択的DPP-4阻害薬。
     スルホニルウレア系など従来からのインスリン分泌促進薬とは作用機序が違う。
     その作用は、DPP-4阻害作用にもとづき、インクレチンを介する。
     血糖コントロールが改善されるので、HbA1cの低下にもつながる。
     
     単独ではやや弱いので、他の糖尿病治療薬と併用することがある。
     α-グルコシダーゼ阻害薬、チアゾリジン系、スルホニルウレア系または
     ビグアナイド系薬剤との併用療法が可能。
   
     血糖に依存し比較的ゆるやかに作用するので、効きすぎによる低血糖を起こしにくい。
     また、食欲抑制作用があり体重増加をきたしにくいとされている。
     これらの特性から、新規発症者や高齢の人に向くと言われている。
     また、日本人に多い非肥満型の糖尿病にも有用と考えられている。
 
     腎排泄型なので、腎臓病のある人は慎重に用いる必要がある。
     腎機能の程度により用量を調整しなければならない。

     新しい薬なので、本当に合併症を予防できるのか、長生きにつながるのかなど
     長期的な予後改善効果については、まだよく分かっていない。
     長期服用時の有効性や安全性については、今後の課題といえる。
  飲み合わせ:他の血糖降下薬といっしょに飲むときは、低血糖症に注意が必要。
        特にスルホニルウレア薬(SU薬)と追加併用するさいは、その減量を考慮しなければならない。
        そのほかにも、血糖降下作用に影響する薬がたくさんある。使用中の薬は忘れず医師に報告すること。

  コメント:2012年11月30日より「バイエッタ」からこのお薬と
       「セイブル」というお薬との併用治療となりました       
inserted by FC2 system