ノリトレン(大日本住友)

  成分:塩酸アミトリプチリン
  分類:神経系用剤(含む別用途)
  系統:三環系抗うつ剤

  概説:気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり
     やる気がでない、集中できない、眠れない・・
     そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助ける。
     また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にする。
     うつ病のほか、パニック障害、過食症など
     いろいろな心の不具合に応用される。
     夜尿症、片頭痛、神経痛の治療に使われることもある。 


  特徴:古くからある第一世代の三環系の抗うつ剤。
     良い効果が期待できるが、副作用がかなりでやすい。
     効いてくるまで、少し時間がかかる。

  禁忌:緑内障のある人は禁止されている。眼圧が上昇し、病状が悪化するおそれがあるため。
     前立腺肥大症や心臓病、てんかん、低血圧のある人も慎重に用いるようにする。
     また、高齢の人は副作用がでやすいので、少量から開始するなど服用量に十分注意する。
     若い人に用いる場合は、治療上の不利益についても考慮する必要がある。
     症状によっては処方を控えなければならない。
     複数の抗うつ薬の臨床試験を分析したところ、
     24歳以下では かえって悪い衝動を引き起こすおそれがあるとの報告があるため。 


      適さないケース..緑内障、心筋梗塞の回復初期、尿閉のある人。
      注意が必要なケース..尿の出にくい人(前立腺肥大症)、心臓病、
                 てんかん、低血圧、腸に閉塞や通過障害のある人
                 ひどい便秘、躁うつ病、統合失調症、高齢、24歳以下
                 いのちを絶ちたいという思いのある人など。 


  飲み合わせ:パーキンソン病の治療薬セレギリン(エフピー)との併用は禁止。
        また、安定剤のチオリダジン(メレリル)との併用により
        思い不整脈を起こす危険性がある。

  コメント:全く効かなかったので、トリプタノール(25mg)に変わりました
inserted by FC2 system