リスパダール(ヤンセン)

  成分:リスペリドン
  分類:神経用剤(含む別用途)
  系統:非定型抗精神病薬(SDA)

  概説:心の不調や不具合を調整し、気持ちを穏やかにする。
     心の病気の治療に使う。

  作用:心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を
     生じる病気。現実を正しく認識できなくなったり、
     思考や感情のコントロールが上手にできなくなる。
     幻聴や幻覚、妄想を生じることもある。
     このお薬は、このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善する。
     おもな作用は、ドーパミンとセロトニンという
     2つの神経伝達物質をおさえること。
     2つをおさえることで、統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と
     陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の両方によい効果を発揮する。
統合失調症は、120人に1人くらいかかる普通の病気。      特別視することはありません。きちんと治療を続ければ、      普通の社会生活が送れる。   特徴:抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用をあわせもつ      新しいタイプの非定型抗精神病薬(第2世代抗精神病薬)。      抗ドーパミン作用を主とする旧来の定型抗精神病薬に比べ      錐体外路系副作用が軽減され、また陽性症状に加え陰性症状に対しても      よい効果が期待できる。      同系のなかでは、とくに陽性症状に対し素早く強力な作用を示す点が特徴的。      副作用は全体的に少ないものの、他の同類薬と比べ、高プロラクチン血症     (生理不順、乳汁分泌)の発現がやや多い。      普通の錠剤に加え、口腔内崩壊錠(OD錠)、細粒、内用液など      いろいろな製剤が発売されている。      患者さんの利便性や好みに応じて使い分けることが可能。      注意する人:糖尿病のある人は、血糖値の上昇に注意するなど         慎重に用いる必要がある。         糖尿病の既往歴や家族歴、高血糖や肥満などで         糖尿病発症リスクの高い人も要注意。         肝臓病や腎臓病、パーキンソン病やてんかん         低血圧、体が弱っている人、高齢の人         また自分のいのちを絶ちたいという思いが強い人なども         慎重に使用するようにする。         認知症関連の精神症状に対する適応外使用例において         死亡率が1.6〜1.7倍高かったという研究報告がある。         認知症における安易な使用は控えるべき。   飲み合わせ:他の安定剤など脳の神経をしずめる薬と併用すると         作用が強くなりすぎるかもしれない。         逆に、パーキンソン病の薬では         お互いの作用が弱まることがる。         降圧薬との併用では、めまいや立ちくらみが起こりやすくなる。         また、アルコールといっしょに飲むと、ふらつきや立ちくらみなどの         副作用がでやすくなる。飲酒はできるだけ控えるように。         飲み合わせの悪い薬..アドレナリン(ボスミン)         飲み合わせに注意..他の安定剤、パーキンソン病の薬(レボドパ製剤など)         降圧薬、カルバマゼピン(テグレトール)、アルコール

  コメント:幻覚が見えるようになったので精神科で症状を話したら処方されたお薬です。
       でもこの薬は太るので、正直ほとんど飲んでません(汗)
inserted by FC2 system