ロキソニン(第一三共)

  成分:ロキソプロフェンナトリウム
  分類:解熱鎮痛消炎剤
  系統:プロピオン酸系

  概説:腫れや痛みを和らげ、熱を下げるお薬です。

  作用:炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状を抑えます。
     熱を下げる作用もあります。
     ただし、対処療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを
     治すことはできません。

  効能:この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ
     いろいろな痛みに広く用いられています。
     なかでも、このロキソプロフェンは安全性が高く効き目もよいので
     一番よく使われています。熱やノドの痛みをともなうカゼにも使います。 
     
  飲み合わせ:市販薬も含め、他の薬との飲み合わせに注意です。
        抗凝血薬のワルファリン、リウマチの薬のメトトレキサート(リウマトレックス)
        気分安定薬のリチウム(リーマス)キノロン系抗菌薬、糖尿病の薬
        チアジド系利尿薬など多くの薬と相互作用を起こす可能性があります。

  コメント:生理痛の時に飲んでいましたが、耐性ついて効かなくなりました
inserted by FC2 system