ロサルタンK錠(ファイザー)→ニューロタンのジェネリック
  
     成分:ロサルタン   分類:降圧剤   系統:A-U拮抗剤(ARB)       概説:血圧を下げる薬   作用:血圧を下げる「アンジオテンシンU」という体内物質をおさえる作用がある。      これにより、体の血管が広がり、また水分や電解質が調整されて血圧が下がる。      心臓や腎臓の負担を軽くする効果も期待できる。      主に高血圧症の治療に使用されているが、病状にもより心臓病(心不全など)や      腎臓病(腎硬化症、糖尿病性腎症など)にも有効と考えられる。      血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながる。   特徴:アンジオテンシンU受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬。略称をARBと言う。      作用的には、従来のACE阻害薬に近い。高血圧の治療にこの系統が処方されることが増えてきた。国内で初めてのARB。      ACE阻害薬に多くみられる“咳”の副作用がほとんどない。      その他の副作用も比較的少なく、長期維持療法に適する。持続性があるので1日1回の服用で済むのも利点。


   注意する人:肝臓病や腎臓病、高カリウム血症のある人は、その病状により使用できないことがある。
           糖尿病がある人で、別の高血圧の薬のアリスキレン(ラジレス)を飲んでいる人も原則的に控えるように。
           また、血液透析を受けている人、減塩療法中の人、利尿薬を服用中の人、また高齢の人などは血圧の下がり過ぎに十分な注意が必要。

           妊娠中は使用できない。

            ●適さないケース..重い肝臓病のある人、糖尿病の人でアリスキレン(ラジレス)を服用している場合、妊娠している人。

            ●注意が必要なケース..腎動脈狭窄など虚血性腎臓病のある人、高カリウム血症、重い腎臓病、肝臓病、脳卒中を起こしたことのある人、
              血液透析中、減塩療法中、脱水時、手術前、高齢の人など。


  
  飲み合わせ:別の血圧降下薬や利尿薬と飲み合わせるときは、血圧の下がりすぎに注意が必要。
        利尿薬を服用中に この薬を追加すると思いのほか血圧が下がることがあるので、少量から始めるようにする。

        血圧降下薬のアリスキレン(ラジレス)と併用するのなら、腎障害や高カリウム血症、低血圧などの発現に
        十分注意する必要がある。とくに重い腎臓病や糖尿病のある人は、どうしても必要な場合を除き勧められない。
        併用により副作用が増強し、かえって悪い結果をまねくおそれがあるため。

        カリウム補給薬のスローケー、またはエプレレノン(セララ)やスピロノラクトン(アルダクトン)など
        カリウム保持性降圧利尿薬(抗アルドステロン薬)と併用する際は血液中のカリウム分の増えすぎに
        留意しなければならない。少量の併用ではそれほど心配はない。

        気分安定薬のリチウム(リーマス)と飲み合わせるときは、リチウム中毒による副作用に注意が必要。

        抗炎症・鎮痛薬(NSAIDs)との併用によりこの薬の降圧作用が弱まる可能性がある。
        また、もともと腎臓の悪い人では、病状を悪化させるおそれがある。

        飲酒は控える。めまいや立ちくらみがでやすくなる。


  コメント:2013年10月より服用開始
       家庭血圧は正常値、でも病院では緊張して高血圧(白衣高血圧)
       糖尿があるってコトで、とりあえず処方されました
inserted by FC2 system