ルーラン(住友製薬)

  成分:塩酸ペロスピオン
  分類:神経用剤(含む別用途)
  系統:セロトニン・ドーパミン拮抗剤

  概説:心の不調や不具合を調整し、気持ちを穏やかにする。
     心の病気の治療に使う。

  作用:心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を
     生じる病気。現実を正しく認識できなくなったり、
     思考や感情のコントロールが上手にできなくなる。
     幻聴や幻覚、妄想を生じることもある。
     このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善する。
     おもに、神経伝達物質のドーパミンとセロトニンをおさえる作用による。
     陽性症状(妄想、幻聴、混乱、興奮)と陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)
     の両方によい効果が期待できます。
          統合失調症は、120人に1人くらいかかる普通の病気。
     特別視することはありません。きちんと治療を続ければ、
     普通の社会生活が送れる。

  特徴:この系統は、セロトニン・ドーパミン拮抗薬(SDA)と呼ばれる。
     抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用をあわせもつ非定型抗精神病薬。
     統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果がある。
     従来の定型抗精神病薬に比べ、錐体外路系の副作用(ふるえ、こわばり)が少ない。

  飲み合わせ:他の安定剤など脳の神経をしずめる薬と併用すると
        作用が強くなりすぎることがある。
        また、マクロライド系抗生物質などある種の薬との併用で
        この薬の副作用が強まるおそれがある。
        逆に、パーキンソン病の薬では、お互いの作用が弱まることがある。
     
        ●飲み合わせの悪い薬:エピネフリン(ボスミン)
        ●飲み合わせに注意:他の安定剤、パーキンソン病の薬(レボドパ製剤など)
                  吐き気止めの薬(ドンペリドン、メトクロプラミド)
                  マクロライド系抗生物質(エリスロマイシンなど。
                  睡眠薬(トリアゾラムなど)

  コメント:幻覚が見えるようになったので精神科で症状を話したら処方されたお薬です。
inserted by FC2 system