テトラミド(シェリングプラウ)

  成分:ミアンセリン
  分類:神経系用剤
  系統:四環系抗うつ剤

  概説:憂うつな気分を和らげ、意欲を高める
     うつ病やうつ状態の治療に使用する

  作用:気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり
     やる気がでない、集中できない、眠れない・・
     そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助ける。
     また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にする。
     うつ病のほか、パニック障害、過食症などいろいろな心の不具合に
     応用される。
  特徴:第四世代の四環系抗うつ薬。
     作用はやや劣るすが、抗コリン作用などによる副作用が軽減されている。
     効果の発現は早いほう。

   
     
  注意が必要なケース:緑内障、尿の出にくい人(前立腺肥大症)
            心臓病、てんかん、躁うつ病、統合失調症の素因、
            衝動性が高い精神症状をともなう人、肝臓や腎臓の悪い人
            高齢、24歳以下、いのちを絶ちたいという思いのある人など

        ●飲み合わせに注意:抗うつ薬には、飲み合わせに注意する薬が
         たくさんある。
         他の抗うつ薬や安定剤、抗けいれん薬、あるいは高血圧の薬など
         服用中の薬があるときは必ず医師に報告すること。
         飲酒は控えめに。めまいや眠気などの副作用がでやすくなる

  コメント:調子がかなり悪いので処方されました
       寝る前に10mgを2錠飲んでいます
inserted by FC2 system